抜け毛:オキナワモズクに抑止効果 ライオン生科研が発見

男性の「抜け毛」を加速させるたんぱく質を、ライオン生物科学研究所(神奈川県小田原市)の

チームが見つけ、26日発表した。

男性ホルモンの作用でこのたんぱく質が過剰に働き、毛根にある毛母細胞を不必要に「自殺」させるとみられる。

28日から富山市で開かれる日本薬学会で紹介される。

 同研究所の栗田啓・副主任研究員らは、

毛髪が適当な時期に抜けるようコントロールしているとみられるたんぱく質「NT−4」に着目。

人の毛母細胞にNT−4を加えると、「アポトーシス」と呼ばれる細胞死が、加えない場合の8倍に上った。

 さらに、毛母細胞を作る「毛乳頭」では、男性ホルモンがNT−4遺伝子を作動させ、

NT−4が過剰に生産されていることが確かめられた。

 これらの結果から、

NT−4は男性ホルモンによって働き、

毛母細胞を不必要に細胞死させることで脱毛を加速している


と結論付けた。

 研究チームは、NT−4の働きを抑える物質を、生薬や植物、

海藻など約300種類の候補から探し出し、

オキナワモズクの抽出成分が有効であることも見つけた。

マウス実験で、この成分を体に塗ることで有効性が確認されたという。

ライオンは「人での効果を試し、育毛剤として商品化したい」と話している。【元村有希子】

毎日新聞 2007年3月26日 18時36分


http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20070327k0000m040022000c.html


BACK